迷子の猫たちが帰れますように!猫返し神社への初詣。

猫神社_狛猫 イベント

 

本日は迷子の猫が無事に帰ってくるといわれている「猫返し神社」
阿豆佐味天神社・立川水天宮に初詣に行ってきたレポートです。

 

「猫返し神社」の由来とは?

2020年1月2日、気持ちの良い青空。
東京都立川市、JR立川駅北口からバスで15分ほどのところに阿豆佐味天神社・立川水天宮はあります。

 

猫神社_鳥居

 

「猫返し神社」と呼ばれる由来ですが、ジャズピアニストの山下洋輔さんの飼い猫がいなくなった際、
探しながらたまたま通りかかった神社がこの阿豆佐味天神社・立川水天宮っだったそうで。

 

 

猫神社_お焚き上げ

(お焚き上げの様子)

 

 

愛猫が無事に帰ってくるように祈ったところ、17日も行方不明だった猫が翌日帰ってきた事から、
「猫返し神社」として呼ばれるようなり、そのご利益に遠方からいらっしゃる方も多いのだとか。
今では迷子だけでなく病気回復祈願としてもよいとの事。

 

 

参拝

 

猫神社_手水舎

まずは手水舎で手と心を清め、
お参りを済ませましたら、授与所で絵馬を購入します。

お守りもいろんな種類がありますが、なんと言っても一番目を引くのが

 

 

猫神社_お守り

 

猫のお守り!
黄色の弓矢がかわいいですね。

我が家の愛猫の健康祈願に購入致しました。

猫神社_狛猫

 

境内の猫返し用の絵馬掛所には、狛犬ならぬ、狛猫の「ただいま猫」が優しいお顔で座っています。
参拝後にはこの「ただいま猫」の頭を優しくなでてお願いをすると叶うのだそうですよ。

 

 

絵馬に込められた沢山の想い

 

猫神社_ただいま猫

 

 

どうか、どうか無事に帰ってきますように。

毎日帰りを待っています。早く帰ってきてね。

お願いだから、早く帰っておいで!待っているよ。

 

猫神社_絵馬

 

その思いの一つ一つの絵馬への願いを、涙を浮かべながらじっと眺める方がいらっしゃいました。
絵馬をかけてから、手を合わせて暫く祈っているご夫婦がいらっしゃいました。
お子さんが「かえってくる?」と聞いて、お母さんが「これで大丈夫」と答えていました。

そして、数個の絵馬には無事に帰ってきたお礼のメッセージが書き込まれており、
本当に良かったなと、胸をなでおろす思いです。

 

 

 

猫神社_絵馬かけ

私も微力ながら、絵馬をかけさせて頂きました。

 

 

 

猫神社_願掛け

絶対に、絶対に、おうちに帰れますように。

 

 

遠方でお参りに行けない方へ

 

猫返し神社(阿豆佐味天神社 立川水天宮)様では、遠方でお参りできない方の為に絵馬の郵送を行われています。
詳細は以下のページの下部をご確認ください。

↓こちらをクリック↓
遠方でお参りに来られない方へ
直接お参りできない方へは絵馬の郵送を行っています。
神社宛に現金書留で1,000円(絵馬代+返送料)をお送り下さい。
その際、貴殿の住所、氏名、「猫の絵馬をお願いします」と一筆添えてお送り下さい。
到着次第、送付致します。到着後、絵馬裏面に願事を書かれ、ご返送頂ければ、神社の絵馬掛けに納めます。

 

神社情報

 

阿豆佐味天神社 立川水天宮〒190-0031 東京都立川市砂川町4-1-1
[TEL]042-536-3215
電話受付時間:午前9時~午後5時まで
[HP] https://azusami-suitengu.net/
[アクセス]
JR立川駅北口を降りて立川バス①番線「三ツ藤」「箱根ヶ崎駅」行きをご利用頂き
「砂川四番」の停留所で下車。約15分。